独自ssl(暗号化通信)


独自ドメイン名による認証で、御社のウェブサイトに高い信用力を!

 

独自 SSL サービスでは、ブラウザからサーバーへの通信を暗号化し、データの盗聴や改ざんを防止することで、プライバシーに関わる情報や企業秘密などを安全に送受信することを可能にします。

このようなセキュリティ対策への取り組みは、企業イメージや顧客満足度に大きく影響します。

 

ブラウザにて通信中の情報を暗号化!

通信途中での傍受やなりすましによる情報の漏洩を防止します。

 

● 個人情報の保護に積極的な会社であることをアピールできます

● 盗聴や改ざん、なりすましを防止します

● 安全な通信環境を好む多くの利用者に安心感を与えます

● ネットビジネスにおける信頼性が向上します

● 通信回線を暗号化することで個人情報の漏洩を防止します

ssl証明書 料金表


当社では、「.jp」の登録管理を行う唯一の組織、JPRSが提供するサーバー証明書をお勧めしています。

(SSL証明書のみの料金です。別途、SSLサービス提供の料金が必要となります)

ダウンロード
「JPRS(日本レジストリサービス)SSLサーバ証明書」の詳細案内
ssl_jprs_leaf.pdf
PDFファイル 2.9 MB

・その他のSSL証明書ベンダーは標準提供外となりますので、お問い合わせください。

◆sslサービス提供 料金表


(ご利用に際して)

  • SSLで暗号化されるのは利用者のブラウザ ~ サーバ間の通信のみです。フォームメール等で受けた自社宛のメールを メールサーバから受信する際には、POP3 接続ではなく、POPoverSSL をご利用になることで暗号化通信できます。
  • メールフォームCGI等により、当社サーバセンターから外部へのメール発信がある場合には、その仕組上、「当社サーバ → 外部サーバ間」は暗号化の対象にはなりません。

◆申込方法